PLAY LIFE / 五條なつき

PLAY LIFE / 五條なつき

五條なつきオフィシャルブログ

【レポート】「存在の男」展 第1弾 <関口存男と三修社>に行ってきました!

【レポート】「存在の男」展 第1弾 <関口存男三修社>に行ってきました!

f:id:natsukigojo:20180412214813j:image

 

4月3日より三修社さんのGLOCAL CAFEで開催中の「存在の男」展に行って参りました!

 

この展示会の監修を務める関口純先生と、楽劇座の蓉子さんと一緒に3人でお邪魔してきました。展示会前のブログを読んで下さった方から「ドイツ語とかよく分からないんだけど、1人で行っても大丈夫かしら…?」「行きたいけど、遠方に住んでいて会期中に行けないかもしれません」というお声も頂いておりましたので、拙い文章ではありますがお写真と共にレポートさせて頂きたいと思います。

 

 

ちなみに、イベント前のブログ記事はこちらです。関口存男先生って誰?」という方はぜひ合わせてご覧下さい。↓

 

natsukigojo.hatenablog.com

 

カフェ入り口の様子

f:id:natsukigojo:20180412215103j:image

 会場は青山のGLOCAL CAFE。外苑前が最寄り駅です。

 

 カフェに入ると早速、右手の棚に展示コーナーが!!

f:id:natsukigojo:20180412222116j:image

f:id:natsukigojo:20180412214839j:image

壁一面にズラリと並ぶ語学の本と、それを眺める関口純先生。

 

 

第1弾の展示テーマは関口存男三修社

今回はドイツ語関係の出版物の展示がメインです。

 

f:id:natsukigojo:20180412214858j:image

f:id:natsukigojo:20180412214913j:image

 

個人的には、お写真の横のパネルが面白かったので皆様にもぜひご注目頂きたいです!

 

和文独訳漫談集」…何とも興味をそそられるタイトルです。ドイツ語を極め、日本演劇界にも大きな功績を残した存男先生だからこその文章ではないでしょうか。このパネル、蓉子さんもお気に召したらしく、2人で写真をパシャパシャ撮ってしまいました(笑)

 

 

 

存男先生が実際に愛用していた私物

そして貴重な私物や直筆原稿の展示も。

 

f:id:natsukigojo:20180412214932j:image

f:id:natsukigojo:20180412214946j:image

実は展示されている存男先生のナイフは楽劇座の公演で小道具として登場した事もあるので、とても不思議な感覚でした。

 

 

 

見逃せない!イラスト展示コーナー 

そしてカフェの奥には、貴重な存男先生直筆のイラストコーナー!!

 

f:id:natsukigojo:20180412215129j:image

 

存男先生ってドイツ語学者なのに何でこんなに絵が上手いの…?

 

と誰もが思ってしまうに違いないぐらい素敵なイラストがたくさん並んでいます!!

 

f:id:natsukigojo:20180412215155j:image

 

まるでプロのイラストレーターだったのではないかと思ってしまうイラストの数々…。

 

f:id:natsukigojo:20180412222548j:image

 

中学生の時に英語の授業で習った「一人称・二人称・三人称」を表すイラストも!このイラストの表現がとっても分かりやすくて感激しました。中学生の時の英語の教科書にも載ってたらよかったのに…(笑)

 

これらのイラスト、実は存男先生の著書の挿絵なんです。実際の本のコピーと見比べる事ができます。

 

f:id:natsukigojo:20180412215234j:image

 

タイトルになっている手描きのフォントもすごく凝っていて素敵。語学・演劇に加え、イラストの才能もあった方なんですね。様々なところで「訳がわからないぐらい凄い」と言われている存男先生ですが、本当にその通りだと思います(笑)

 

 

 

 

ドイツ語が出来る気分になれる!? 

更にもう一つ、ぜひ皆様にお立ち寄り頂きたいのがコチラ!

 

f:id:natsukigojo:20180412215318j:image

 

なんと、ドイツ語を知らなくてもドイツ語を書けるコーナーがあります!私もドイツ語の事は本当に何も分かりませんでしたが、例文に従って「その未亡人は美しい」と生まれて初めてドイツ語で書いてみました(笑)

 

せっかくピンクと青の紙があったので、蓉子さんと一緒に次回公演「ルーシー・フラワーズ」で演じるルーとシーのイメージで。

 

果たして本当にそう書けているのか?もよく分からないのが正直なところですが、インクを使ってドイツ語を書くという体験そのものが楽しかったです。「正しいドイツ語かどうか?」を気にするよりも「ドイツ語ってこんな風に書くんだ!」と遊びながらドイツ語に触れられる機会になっているので、ご来場の際は皆様も文豪気分で(?)ペンを走らせてみて下さい。

 

 

 

 

おすすめのドリンクも…

 

そうそう、会場は素敵なカフェなので、勿論ドリンクも楽しみのひとつ。

 

私はチャイラテを頂いたのですが、こんな感じで出てきます!!!

 

 

 

f:id:natsukigojo:20180412225904j:image

 

…カタカナで「ドイツ語」!?(笑)

 

なんとも三修社さんらしい、インスタ映えするドリンクです。ちなみにこのチャイラテ、スパイスが効いていてとっても美味しかったです❤︎

 

 

 

おわりに

f:id:natsukigojo:20180412225858j:image

 

…という訳で「存在の男」展、第1弾の会場の様子、少しでも伝わりましたでしょうか?

 

「ドイツ語の本の展示」と思うと、語学関係でない方は身構えてしまうかもしれませんが、ドイツ語に全く縁がない私でも楽しめる展示会でした!

 

カフェとしても落ち着ける素敵な場所ですので、これまで関口存男先生の事を知らなかった!という方もお茶するついでに、お気軽に足を運んでみて下さい。

 

glocalcafe.jp

 

 

 

三修社ご担当者様と純先生の打ち合わせにも同席させて頂いたのですが、第2弾以降の展示も面白くなりそうなのでまた伺わなくては…!!と思っております。

3ヶ月毎に展示内容が入れ替わりますので、皆様もお見逃しのないようお気を付け下さい。

 

 

今回、楽劇座の関口純先生の曽祖父である関口存男先生の展示会を拝見して、改めて歴史に名が残る凄い方の流れを継いで演劇をやらせて頂いているんだな…と身が引き締まる思いでした。

4月『ルーシー・フラワーズ』最新作の公演もじわじわと初日が迫っておりますので、しっかりお稽古に励みたいと思います。

 

 

★★★次回出演情報

 

4/21~25に新宿ローズセラヴィにて、関口純先生作・演出・音楽の舞台「ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた」にルー役で出演致します。

 

公演詳細はこちらをご覧下さい↓

natsukigojo.hatenablog.com

 

 

★★★関連リンク

所属劇団・楽劇座(がくげきざ)オフィシャルサイト。

最新出演情報・チケット予約もこちらから!

www.gakugekiza.com

 

ブログに載せきれなかった写真や日常はTwitterで!

twitter.com

 

Instagramには主にファッションや本や美容の事を載せています。

www.instagram.com

 

▼メール

natsukigojo-management@gakugekiza.com
チケットご予約の際はタイトルを「公演チケット予約」とし、本文に「お名前(フリガナ)、ご希望日時、枚数、メールアドレス、電話番号、住所」をご記入下さい。