PLAY LIFE / 五條なつき

PLAY LIFE / 五條なつき

五條なつきオフィシャルブログ

現代のストレス社会に疲れた大人達へ…出演者による楽劇座の舞台「ルーシー・フラワーズ」見どころ解説!!【その1】

現在、楽劇座で連続上演中の『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた』。おかげ様でご好評を頂き、現在連続上演中!4月も21〜25日まで、最新作の上演が決定しております。

 

4月公演詳細

natsukigojo.hatenablog.com

 

…ですが、シリーズものと言う事で

 

「途中から観てもストーリーが分かるの?」

「演劇ってあんまり行かないから敷居が高い…」

「そもそもどんな舞台?」

 

というご質問も多く頂くようになりました。

 

そこで今日は、ピンク色の髪の毛がトレードマークのルー役を演じる私、五條なつきが、この「ルーシー・フラワーズ」シリーズの出演者的見どころをご紹介したいと思います! 

 

そもそもどんなお話?

f:id:natsukigojo:20180407172049j:plain

大人のための寓話として大好評!
『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた』。

そこは世界の中心にして世界の果て…緩やかな小さな村(?)の、これまた小さなお家に住む、おかしな髪型をした2人の女の子。

「前髪切り過ぎた訳じゃないの、サイドが伸びただけ」

と言い張る2人は、今日もお気に入りのソファの上で地図を片手に世界を旅する。
2人のもとには今日も世界を揺るがす?重大な問題が持ち込まれる。
でもちょっと待って!朝食のタルティーヌをまだ食べてないから。
果たして2人は世界を救う事が出来るのか?!

現代のストレス社会を生きる大人のための寓話。
あなたは自分の「日常」に疑いを持つ!!

 

楽劇座HPの「あらすじ・解説」にはこのように書かれています。

あっさりと説明すると

 

「ピンクと青のおかしな髪型のおかしな女の子ルーとシーのお家には、

お悩みを抱えたクライアントベイベーがやって来る。

(主に八の字眉幸子というおかしな女性か童話の登場人物)

そしてルーとシーは遊んでいるだけなのに、なぜかみんなの悩みが解決!」

 

というのが毎回のストーリーです。

 

さて、ここでまだご覧になった事がない方には「そもそも八の字眉幸子って誰やねん」という疑問が出て来るかと存じます(笑)

 

謎の女:八の字眉幸子とは?

f:id:natsukigojo:20180407180357j:plain

ピンク色の髪の毛がルー(五條なつき)、青い髪の毛がシー(齋藤蓉子)、そして真ん中後ろから正面を見据えるおかしなお姉さん(?)が、八の字眉幸子(大西佐依)です。

 

彼女は、この物語の第1話でルーとシーに悩みを相談しに来て以来、自分もルーシーの仲間だと勝手に思い込んで、使命感から悩める(?)童話の主人公をルーシーのお家に連れて来たり、精神不安定でしょっちゅう問題を抱えてはルーシーを頼ってやって来る本当におかしな女性です。(…と書いてしまうと相当おかしな人物に思えるのですが、実は悩める現代人をデフォルメして象徴したキャラクターです。)

 

かなり個性的で面白いキャラクターで、熱烈な幸子ファンもいらっしゃるぐらい!

 

「ルーシー・フラワーズ」は劇中にたくさんの楽曲が入る音楽劇なのですが、個人的に劇中歌を全力でパフォーマンスしている時の八の字眉幸子さんが大好きで、「ハンガリアン狂詩曲 〜リストに恋したエトランゼ〜」「貴方がくれたチーズタッカルビは動きや表情も合わせてぜひ劇場でお楽しみ頂きたい音楽です。

 

そしてファンの方にご好評頂いているのが、物語の最後に必ず登場するお取り寄せ

 

https://www.instagram.com/p/BXLD8KUBeUt/

 

 

八の字眉幸子は毎回「世の終わりのパスタ屋」からお取り寄せした食品をピクニックに持って来てくれる(でも必ず毎回忘れて家に取りに帰る)のですが、この商品名が長くて長くて…しかもほぼ毎回、第1回目のお取り寄せから全ての商品名を網羅して伝えているので…今回は何と14品分!?もはやこのシーンはルーシー名物!!1人で30分近く台詞を言い続ける八の字眉幸子さんはアスリートと見間違うほどの熱さです。40代独身女子や専業主婦に人気のこのお取り寄せの数々、あなたにも共感できる一品がきっとあるはず…!!

 

毎回毎回、八の字眉幸子は違うお悩み相談を持ち込むので物語は一話完結型シリーズの途中から観ても、きちんとお楽しみ頂けます!!

 

彼女が登場するシリーズ第1話は、現在期間限定でYou tubeに公開されておりますので、お時間のある時にぜひご覧になってみて下さい。

 


【期間限定!完全版】舞台『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた<ひとつめのお噺>』

 

色々な事を気にして心を病んでいる現代人の象徴:八の字眉幸子に対して、ルーとシーは悩む事など全くなく、世の中に起こる出来事全てを笑い飛ばして遊びながら生きる、妖精のような…ある意味、理想の生き方をしているんですよね。そのあたりの対比も面白いところだなと演じていて思います。

 

 

 

ルーシー愛が強すぎるあまり、あらすじ紹介&八の字眉幸子さんの見どころ紹介だけで思いのほか長くなってしまったので(笑)記事を分割したいと思います。【その2】【その3】に続きます!

 

その2▼

natsukigojo.hatenablog.com

 その3▼

natsukigojo.hatenablog.com

 

 

★★★

www.gakugekiza.com

twitter.com

www.instagram.com

 

▼メール

natsukigojo-management@gakugekiza.com
チケットご予約の際はタイトルを「公演チケット予約」とし、本文に「お名前(フリガナ)、ご希望日時、枚数、メールアドレス、電話番号、住所」をご記入下さい。