PLAY LIFE / 五條なつき

PLAY LIFE / 五條なつき

五條なつきオフィシャルブログ

写真で振り返る楽劇座10月公演『関口純の演劇論4/エッフェル塔は今日も3.5度傾いている』

写真で振り返る楽劇座10月公演『関口純の演劇論4/エッフェル塔は今日も3.5度傾いている』

f:id:natsukigojo:20181025083514j:image

皆さま、こんにちは!楽劇座五條なつきです。

 

今月も無事に楽劇座公演が終了致しました。ご来場頂いたお客様、ありがとうございます!毎回恒例のオフショットで振り返ってみたいと思いますので、どうぞお付き合い下さいませ。

 

 

関口存男未発表作品『蝦蟆』

f:id:natsukigojo:20181025091816j:image

『関口純の演劇論』シリーズがご好評を頂き、もともとの予定だった全3回を延長して第4弾の公演でした。

 

毎回本編と併せて関口存男先生の未発表作品を朗読劇として上演しているのですが、今回の作品は劇団の打ち上げの様子を描いた『蝦蟆』

 

おそらく、ゾンダン先生が演劇活動を行なっていた踏路社での実際の出来事なのでしょう。登場人物はイニシャルで書かれていましたが、日本で最初の巨匠映画監督である村田実さんや宝塚レビュー『モンパリ』を創った岸田辰彌さん等、本当に凄い方が踏路社に集まっていた事が奇跡のようです。

 

それにしても、女優へのストーカー行為は現代でも普通に起こりそうな事で、100年前から人間は同じ事を繰り返しているのだなと、つい笑ってしまいます。

 

 

エッフェル塔は今日も3.5度傾いている』

f:id:natsukigojo:20181025083517j:image

今回の本編はエッフェル塔は今日も3.5度傾いている』。実は関口純先生初のオリジナル戯曲で、現在の楽劇座の原点とも言える作品です。

 

f:id:natsukigojo:20181025092635j:image

意味が全くないと言っても過言ではないのに破綻しない物語。「それを言っちゃあおしまいよ」と言いたくなる、お客様を巻き込んだ意外な結末(笑)

 

たぶん、他では絶対に観られない舞台だと思います。

 


f:id:natsukigojo:20181025083615j:image

f:id:natsukigojo:20181025083539j:image

私は初演から自称・ファッションブロガーのシャルロットを演じています。

 

シャルロットは1周回って好感を持ってしまうぐらい自由!無茶苦茶に遊びながら、この物語を進めていく役割でもありました。

 

今回はお客様と皮肉を共有する台詞も多く、演じていて舞台ならではの面白さを味わう事が出来ました。役者として、ひとつの大きな収穫だったと思います。

 

f:id:natsukigojo:20181025083949j:image

そして最後にたどり着く「人の数だけ世界がある」というラストシーン。私はこれ、ホントだと思っているんです。

 

同じものが目の前にあっても、きっと私と貴方では違うものが見えているのです。それはこの物語のエッフェル塔の見え方と同じで、ちょっと首の角度が違うだけなのかもしれません。でも、そもそもエッフェル塔だと信じているのは自分だけなのかもしれません。

 

今回の舞台も、全員が違う受け取り方をされていると思います。でも、それが面白いんだと思います。

 

ありがとうございました!


f:id:natsukigojo:20181025083754j:image

f:id:natsukigojo:20181025083745j:image

f:id:natsukigojo:20181025083750j:image

f:id:natsukigojo:20181025083847j:image

f:id:natsukigojo:20181025083844j:image

差し入れ等のお気遣いもありがとうございました!ハロウィンの季節という事で、可愛いお菓子をたくさん頂いて目にも楽しかったです。

 

ちょうどエントレ様の役者コラム<【役者コラム003】舞台の『差し入れ』『公演中のプレゼント』のマナーと、私がもらって嬉しかったもの | エントレ|演劇動画ニュース>を書かせて頂い直後だったので、皆様からの差し入れにも改めて感動。

 

本当にありがとうございました!!

 

 

来月は…

f:id:natsukigojo:20181025083923j:image

ご好評頂き、来月公演も引き続き『関口純の演劇論』シリーズを延長する事となりました!

 

公演内容は…

 

関口存男未発表作品『詩集』朗読劇

・関口純『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた 〜悪夢という名の愛人(ラ・マン) 清らかに…美しく…そして残酷に… 編〜

・解説トーク

 

を予定しています。

公演日程は【11月17日(土)-21日(水)】です。

 

詳しくはまた改めてご案内のブログを書かせて頂きますが、すでに公演詳細は楽劇座HPに掲載されています!▼

http://www.gakugekiza.com/information/junsekiguchi.html

 

以前、LGBT編で白雪姫&桃太郎を演じていた大向しんじさんに再びゲスト役で出演して頂く事になりました!なぜか今回も女性役を演じて頂きます。しかも、誰よりもセクシーな愛人のお役です(笑)

 

先日の読み合わせで、面白い公演になりそうな予感がひしひしと感じられましたので、どうぞご期待下さい!!

 

来月も劇場で皆様とお会い出来る事、楽しみにしております。


★★★

 

▼メール

natsukigojo-management@gakugekiza.com

チケットご予約の際はタイトルを「公演チケット予約」とし、本文に「お名前(フリガナ)、ご希望日時、枚数、メールアドレス、電話番号、住所」をご記入下さい。